メガネのメリットとデメリット

メガネのメリットは楽に手軽に着用できるという点です。コンタクトレンズのように直接目の中に入れて視力を矯正するものではないので、目に何らかのトラブルや症状がある時でも使用できます。乾燥の原因にもならないため長時間着用も可能で、もしうっかり眠ってしまった時も眼球が傷つくようなことはありません。一方、フレームによって視野が狭くなったり、汗や重さでズレやすいのはデメリットと言えます。メガネをかけている部分は汗もかきやすく、特にスポーツをしている時は邪魔に感じるかもしれません。またメガネは選ぶフレームによっては、顔の印象を大きく変えます。「似合っていない」「違和感を感じる」といった理由で、絶対に人前でメガネをかけたくないという人もいます。

コンタクトレンズのメリットとデメリット

コンタクトレンズのメリットは、顔の印象を変えずに視力が矯正できる事です。視野が狭くなることもなく、フレームの存在を意識せずに活動できます。特にソフトタイプはしっかり目に密着しているので、激しいスポーツをしている時もズレません。裸眼のようなフィット感で運動中も入浴中も快適に過ごせます。逆にデメリットとなるのが、感染症にかかるリスクがあるという点です。正しい使い方をしていれば心配ないですが、消毒を怠ったり、ワンデータイプを何日も装着し続けるといった誤った使い方をしていると、眼球を傷つけてしまう恐れがあるのです。また人によっては、なかなか異物感から解放されないケースもあります。常に目の中がゴロゴロしているような状態が続けば、長時間着用は辛く感じてしまいます。