レンズの種類によって耐久性に差がある

メガネのレンズに使われている素材によって耐久性に違いがあり、ガラスは傷に強くてプラスチックは割れにくいといった差があります。小さな傷がメガネに付くだけでストレスが溜まるのなら、傷が付きにくいガラスで作られたレンズを選んでください。軽くて丈夫なメガネを選びたい人には、ガラスの半分ほどの重量のプラスチックがおすすめです。プラスチックは寿命が1年半から2年ほどと言われていて、ガラスの寿命は3年ほどでプラスチックの2倍はあります。炎天下で作業を行うことが多い人がメガネを購入する際には、熱にも強いガラスで作られたレンズを選ぶのが理想的です。メガネを利用する環境に合わせてレンズの素材を変えることで、レンズの寿命を延ばしてください。

扱いやすさを重視したレンズが増えている

小さなホコリや花粉がメガネに付着することにストレスを感じる時には、ホコリの吸着を防ぐコーティングが施されたメガネを購入してください。コーティングが機能している間は小さなホコリも付着しにくくなり、頻繁にレンズを拭かなくてもクリアな視界を保てます。メガネを装着しているとテレビやパソコンの画面が眩しく感じる方々には、ブルーライトカットコーティングが施されたレンズが最適です。ブルーライトをカットするだけでも画面が眩しく感じなくなり、デスクワークやゲーム中に受ける目の負担を減らせます。外出中にメガネをかけていると眩しく感じることに困っているのなら、紫外線の量に合わせてレンズの色が変化して、明るさを調整する機能を持つレンズを活用してください。